フラッシュ脱毛とレーザー脱毛で使用される機器

脱毛エステや医療脱毛機関で行うムダ毛の脱毛の主流は、特殊な光を用いたものです。
この光はメラニン色素にのみ反応するという特色を有しています。

そしてムダ毛にはこの色素が含まれているために、照射されればムダ毛にピンポイントで働きかけることができるのです。
この光を帯びたムダ毛の毛根には熱が蓄積されます。その結果ムダ毛を作り出す組織が影響を受け、脱毛が完了するのです。

しかし脱毛エステと医療脱毛機関で行う脱毛には、異なる効果が見られます。

脱毛エステでの施術は永久脱毛に至ることはありません。しかし医療脱毛機関で施術を行う場合、ムダ毛は永久脱毛されます。

このような違いにより、脱毛エステと医療脱毛機関で使用される機器は全く異なるものであると考えるかもしれません。しかし実のところ、これらの機器からは同じ種類の光が発せられています。

まず脱毛エステで使用される光は、威力が弱く設定されています。そのため毛根に与えるダメージは医療脱毛機関で使用される光に比べると弱いものです。

脱毛エステでの施術は毛根を細くして弱らせることが目的です。細くなった毛根はムダ毛を支えることができなくなり、ムダ毛が抜け落ちて脱毛が完了するのです。
この施術を受けるとムダ毛は毛根から抜け落ちるために、非常にきれいな脱毛が完了します。

その一方で医療脱毛機関で行われる脱毛は毛根組織を破壊することができます。
つまり施術を受けた後はムダ毛が生えてくることはなく、永久脱毛に至るのです。

脱毛エステでムダ毛を脱毛した場合、しばらくの間はムダ毛のないきれいな肌をキープすることができます。しかし、しばらくするとムダ毛は再び生えてきます。

このような理由により、脱毛エステでのムダ毛の脱毛は一時的な効果を見るにすぎないと感じる人もおられるはずです。

確かにムダ毛のないきれいな肌は一時的にしか実現しません。しかし施術を受けた後は毛根が弱くなっています。そのため再び生えてくるムダ毛は細く、弱々しいものです。

このようなムダ毛は簡単に処理できますし、処理中に肌に大きな刺激を与えることはありません。そのため脱毛エステでの施術後はムダ毛の処理が非常に楽になるのです。

脱毛エステでの施術は痛みが少ないことで知られています。施術中に感じる痛みはゴムで弾かれたようなチクッとしたものです。

しかし場合によってはこの痛みが強く感じられることもあります。先にも述べたように、ムダ毛の脱毛に使用される特殊な光は毛根に熱を加え、それを弱らせます。

つまり毛根に達した熱はその周辺の神経組織を刺激するために、小さな痛みを感じることになるのです。ムダ毛の毛根は非常に小さなものです。

しかし中には毛根が大きなムダ毛も存在します。たとえばワキのムダ毛は太く、そのため毛根も比較的大きなものです。

このような大きな毛根にはたくさんの熱が加わります。そのため毛根が大きなムダ毛に対する施術の場合、痛みが大きくなることがあります。

また医療脱毛機関での施術は毛根を破壊することが目的です。そのため脱毛エステで使用される光よりも多くの熱を毛根に加えていきます。

このような理由により、医療脱毛機関での施術のほうが強めの痛みを生じさせることになります。それでもこの痛みは我慢できないようなものではありませんので、心配する必要はありません。

しかし肌トラブルがあったり、ストレスを抱えているような状況では、この痛みに敏感に反応してしまうことがります。そのためこのような状況にある場合は施術の予定を遅らせることが必要です。

基本的には脱毛エステと医療脱毛機関では同じ種類の機器を用いて施術がなされますが、その効果や痛みには若干の違いがあることを覚えておくべきです。

2016年7月16日 フラッシュ脱毛とレーザー脱毛で使用される機器 はコメントを受け付けていません。 未分類